会社沿革

the1950s

昭和26年 10月 東京都大田区新井宿5-520番地に相互電機株式会社を設立し、工業計器の修理を主な業務として発足する。
昭和29年 可動線輪計器の修理、航空計器組立、パルプ組立、調整加工を開始する。
昭和31年 8月 東京都大田区矢口町579番地に敷地950㎡を購入し、工場254㎡、倉庫53㎡を建築し、事務所を移転する。
昭和34年 11月 事務所を80㎡増築し、管理機能の充実を図る。

the1960s

昭和37年 工業用温度計、調節計などを開発し、市販を開始する。
昭和38年 12月 資本金を400万円に増資すると共に、工場50㎡を増築し、業務拡大に対処する。
昭和40年 トランジスタ式無指示温度調節計(SE700シリーズ)、可動コイル式温度調節計(SM500シリーズ)等の市販を開始する。
昭和42年 電子式温度指示調節計等を開発し、市販を開始する。
昭和43年 白金測温抵抗体素子(マイカスプリング型)のオリジナルモデルを開発し、市販を開始する。

the1970s

昭和45 ガラス封入型白金測温抵抗体素子を開発し、市販を開始する。
昭和46年 空調計装用温度センサなど特殊用途向各種を開発し、市販を開始する。
昭和53年 工場環境の整備として、空調設備を完備する。
昭和54年 海洋開発機器に搭載する、高精度、ハイレスポンス、高耐圧の特殊センサーを開発する。

the1980s

昭和56年 工場作業場の一部30㎡を温度センサー類及び計器の検定並びに、トレーサビリティーの向上の為、管理及び検定室を設置し、検定設備の充実を図る。
昭和57年 FAXを導入し、御得意先とのサービスの強化、打ち合わせ業務の有力化、スピード化を図る。
昭和59年 1月 本社工場を横浜市緑区佐江戸町に新築移転し、更に生産性の向上、作業環境の改善、製造検定設備の拡充を図る。
昭和60年 検定用測定器の開発に取り組み、新製品検定用測定器(RTD CALBLAROR MODEL TM300D)を発表。

the1990s

平成9年 社内QCサークル大会会長賞受賞
社外グループQCサークル大会優勝
平成10年 QCサークル関東支部京浜地区主催「第3893回QCサークル京浜地区フレッシュ・ジャンプアップ大会」優秀賞受賞

the2000s

平成13年 10月1日 創立50周年を迎える。
平成14年 社内LANシステムを構築する。自社ホームページを開設する。
平成16年 ISO14001(環境)認証取得(94年版) JCQA-E-0624(登録番号)
平成17年 3月 STS事業部を設立し、商品の転売・流通業務を開始。
平成18年 4月 温湿度センサの開発、製造、市販を開始。
平成19年 1月 ISO14001(環境)認証取得(2004年版に更新) JCQA-E-0624(登録番号)
平成19年 5月 ISO9001認証取得 JISQ9001:2000(ISO9001:2000) JCQA-1646(登録番号)
平成20年 1月 社内LANシステムを更新し、御得意先へのサービス強化とスピード化を図る。

the2100s

平成22年 3月   屋外用温湿度検出器を開発し、市販を開始する。
平成22年 11月    パルス幅演算による露点温度検出(特許出願中)を開発し、市販を開始する。「特願2007-124092」
平成23年 2月 「横浜価値組企業」に認定される。
平成23年 10月1日 創立60周年を迎える。
平成23年 12月  「横浜知財みらい企業」に認定される。
平成23年 「横浜価値組企業」認定
平成24年 12月 「横浜知財みらい企業」認定
平成25年 12月 「横浜知財みらい企業」認定
平成26年 12月 「横浜知財みらい企業」認定
平成27年 12月 「横浜知財みらい企業」認定
平成28年 12月 「横浜知財みらい企業」認定